遺品整理士が行う遺品整理と遺品仕分けの流れ

遺品整理の作法メインイメージ

遺品整理は普通の不要品整理とは異なるものです。故人の遺品を一括で一般廃棄物とせず、ひとつひとつの遺品を確認しながら丁寧に作業をします。

遺品整理士が行う遺品整理と遺品仕分けの流れ

遺品整理業者でも遺品整理のプロフェッショナルの遺品整理士が在籍しているところは安心できます。

◎遺品整理士が行う遺品整理:遺品整理が普通の不要品整理とは全然異質のものであることを意識しています。

遺品をどのように扱って対応するのか、ご遺族の心の寄り添った遺品整理は何かをしっかりと理解しています。

だから、故人の遺品を一括で一般廃棄物として取り扱うことはありません。

ひとつひとつの遺品を確認しながら、丁寧に作業をします。

その過程で出てきた不要品は可能な限り買取をしてくれます。

故人が大切にしていたものを単純にゴミとして扱うことはないです。

◎遺品仕分けの流れ

(1)当日の予定時間に訪問。

遺品が少量の場合は、見積もり時にそのまま遺品整理に入ることもできます。

(2)ひとつひとつの品を確認しながらの仕分け。

一品ずつをご遺族に確認します。

それによって引き続き継続して利用する遺品・形見分けで送る遺品・廃棄する遺品・リサイクルする遺品などを迅速に分類。

気になる記事…「亡くなった家族の遺品整理で…見てはいけないものを見た経験はある?」回答いろいろ

(3)家財の搬出と不要品の引き取り:不要な遺品は全て遺品整理業者が回収引き取りしてくれます。

処分もしてくれますし、処理の面倒な家電製品も対応してくれます。

大きな家財なども、キチンと養生してくれて搬出してくれます。

買取も積極的にしてくれる遺品整理業者を選びましょう。