形で悩むならVIOを医療脱毛でハイジニーナにするのもアリ

医療脱毛でVIOを処理する女性が増えてきました。

外国ではVIOをハイジニーナにするのは当たり前のようで、日本でもそうする女性が増えているようです。

▽気になるニュース・・・中高年女性たちが「下の毛を脱毛」する理由がナナメ上だった件 – まぐまぐニュース!

Vラインをどうするか、どんな形にするか悩んでいるなら、全部処理してしまうのもアリかもしれません。

《ハイジニーナとは》

ハイジニーナとは、VIO(Vライン、Iライン、Oライン)すべてのムダ毛を処理してしまい、無毛状態にすることを言います。

サロンやクリニックでVIOをハイジニーナにすることは可能です。

Vライン、Iライン、Oラインすべてのムダ毛を医療脱毛で処理してしまえば、どんなデザインの水着や下着でも身につけられます。

また、ムダ毛があることでムレやニオイが気になりましたが、無毛になるとムレやニオイの心配もなくなります。

《無毛にするのもアリ》

Vラインは少し残したいと思っていたけれど、どんな形に残すのか決められず、迷ってばかりであれば思い切って全部処理してしまい、無毛にしてしまうのも一つの方法です。

無毛にすると、おりものや生理の血液がムダ毛についてしまうこともなく、清潔に保てて良いという話も聞きます。

清潔にしやすいのはうれしいですね。

《医療脱毛でVIOを処理するのはかなり痛みが》

医療脱毛だと確実にムダ毛が処理できるのがメリットなのですが、高出力のレーザーを照射しますのでかなりの痛みがあります。

皮膚が柔らかいこと、色素沈着をしていることが多いことなどから、レーザーが良く反応して痛みが強いのです。

しかし、医療脱毛の場合麻酔もあるので、それをうまく使えば良いでしょう。