VIOの医療脱毛でできる形とそのメリットとデメリット

医療脱毛でVIOを処理する場合、形は好きなようにできるとのことですが、それぞれの形のメリット、デメリットもあるかと思います。

いくつかの形のメリットとデメリットを調べてみました。

医療脱毛でVIOを処理しようと考えている人は参考にしてくださいね。

《逆三角形のメリットとデメリット》

逆三角形のVラインなら、違和感があまりなく、自然な感じなので人気があります。

三角形が大きければ自然な形に、小さければ清潔感があるように見えます。

ごく普通の下着ならはみ出ないのもメリットです。

デメリットと言えば、面積の小さい水着や下着だとムダ毛がはみ出る心配があります。

《Iライン、ハイジニーナのメリットとデメリット》

Iライン型は、全部を脱毛してしまうのは嫌で、少し残したいという人や、大胆な水着や下着をつけたい人に向いています。

メリットはムダ毛によるムレやニオイがかなり軽減できることです。

デメリットと言えば、見た目が派手に見えるので、温泉などではかえって注目されることや、男性慣れしているのではと思われることもあるようです。

ハイジニーナはIラインと同じくムレやニオイが無くなることやチクチクしないことがメリットです。

デメリットは人によっては子供っぽく見られることや、また生やしたいと思っても医療脱毛の場合は生やすことができないことです。

《処理する前によく考えて》

ムダ毛は要らないからと全部処理してしまうと、後から生やしたいと思ってもできません。

処理する前によく考え、決めるようにしましょう。