遺品整理は遺族の悲しみに寄り添いながら

遺品整理の作法メインイメージ

遺品整理士は死去という親族の悲しみの場面に立ち会います。供養する気持ちをもって、遺品整理の取扱をしなければなりません。

遺品整理は遺族の悲しみに寄り添いながら

遺品整理に関わる仕事が注目されています。

その名の通り遺品を整理するのですが、内容をシンプルに言うと一般廃棄物と残すものを仕分けするという仕事です。

遺品整理業を立ち上げる場合に単純に遺品整理だけしかしないならば、別に特別な資格を持っていることは求められません。

しかし、実際には遺品整理業務だけでは成立しません。

遺品を仕分けて整理をし、不要になった遺品を回収して一般廃棄物とを整理して処分することが一般的な遺品整理業の業務内容になっているのです。

遺品整理のサービスを提供する場合に、いろいろな知識や行政からの免許が必要になります。

この記事では【遺品整理士はどんな資格なのか?】について詳しく解説します。

◎遺品整理士とは一般社団法人「遺品整理士認定協会」が設立した民間資格。

死去という親族の悲しみの場面に立ち会います。

ご遺族の立場になって遺品を供養する気持ちをもって、遺品整理の取扱をしなければなりません。

遺品整理に関してのあらゆる知識を学びます。

家電リサイクル法にのっとってリサイクルショップに持ち込んだり、廃棄に関する法律規定の知識を持っている専門家です。

◎依頼する遺族にとって遺品整理士資格は安心と信頼を得ることができる。

独立開業をする予定だとかリサイクルショップや運送業を営業している業者はこれからニーズが高くなる資格ですから、今のうちに取得していたほうが有利になります。

遺品整理士認定協会は、セミナーを開催したり、開業支援や運営方法の指導をしてくれますよ。